給湯器水漏れの修理方法

給湯器は水漏れをしているからといってすぐに壊れるわけではありません。ただ、不完全燃焼が起こり一酸化炭素中毒を起こす可能性があります。二次災害や被害の拡大を防ぐためにも早く修理することが望ましいです。

給湯器 修理は業者に任せることが望ましい

給湯器はガスを使っているため、自分で修理を行おうとするとトラブルが起こる可能性もあります。一見直ったように見えても不完全燃焼を起こす場合もあります。
そこで、もしも給湯器がトラブルを起こしているという場合には自分では修理せず必ず業者に依頼をして修理をするようにしましょう。業者に連絡をすればできるだけ早く来てくれて対応してもらえます。



■住んでいる場所によって依頼する方法は違う
賃貸物件の場合には自分で業者を呼ぶのではなく、まずは管理会社や大家さんに連絡をします。自分で業者を呼んで対応してもらうと後からトラブルになることもあるので注意が必要です。
分譲マンションや一戸建ての場合には個人で業者に依頼をして問題ありません。給湯器を購入した販売店に連絡をすれば給湯器修理の対応をしてくれます。販売店がない場合や修理に対応していない場合には専門業者に依頼をします。

■業者の修理方法

給湯器が水漏れする際、原因は様々なものがあります。そのためどういった方法がとられるかは状況によって違います。
部品交換をするのが難しい場所であったり、複数の場所であったりする場合には、新しいものに交換が必要なこともあります。素人では判断も難しく危険な作業になるため、専門的な知識を持った業者の方の判断に任せましょう。



■まとめ
給湯器が壊れた場合、危険を伴うため自分での修理は難しいです。業者に依頼をして修理をしてもらうことが必要です。場合によっては直せないということで新しいものに交換することもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ