業者が行う水漏れ修理の種類

水漏れといってもいろいろな場所の水漏れがあります。場所によって業者も修理する内容が違ってきます。それぞれの場所にあった対応が必要なため、修理を行うためには豊富な知識や経験も必要です。

■トイレの水漏れ

トイレの場合には給水管や止水栓からの水漏れが考えられます。その場合、部品の劣化によって水が漏れている可能性が高いです。そのため蛇口や給水管などの部品を交換します。
タンクからの水漏れの場合、タンク内の部品の故障や劣化が原因の場合が多いです。部品を交換することで直る場合が多いですが、タンク自体の劣化やひび割れの場合はタンクそのものの交換が必要です。



■お風呂の水漏れ
お風呂の場合、蛇口の劣化や破損、パッキンの劣化ということが原因で起こります。そのため修理としては蛇口 交換、パッキンの交換といったことが必要です。場合によっては複数の場所で部品の交換が必要なこともあります。
お風呂の場合、シャワーのホースから水漏れを始めるとかなりの量の水が漏れてしまいます。マンションの場合には下の階まで水が浸水する可能性もあるのでできるだけ早く業者を呼ぶことがおすすめです。

■洗面所の水漏れ

洗面所から水が漏れるのは蛇口や給水管、止水栓の故障が原因であることが多いです。そのためこれらのパーツを交換していくことが必要です。
この場合にも原因が複数あることがあります。その際には複数の場所で部品の交換をすることが必要です。洗面所も水漏れを始めるとかなりの量が漏れてくることがあるので注意しておきましょう。



■まとめ
業者が行う水漏れ工事の場合、多くは部品交換が必要になります。部品は種類も多くあり、種類によっては作業が難しい場合もあるためプロに任せた方が迅速に対応でき安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ