水漏れ修理で自分でできるかどうかの判断

水道 修理をする際、自分でできるかどうかは水道の状態を見て判断することができます。まずは自分で修理ができる状態なのか業者を頼まなければいけないのかを見極めることから始めましょう。

■自分で水漏れの修理が可能な場合

水漏れがポタポタとかチョロチョロ程度の少量の場合には自分で修理できる可能性があります。もしもものすごい勢いで水が漏れてきている場合にはすぐの対処が必要です。そのためできるだけ早く業者を呼ぶようにしましょう。
水道のトラブルはトラブルが起きている場所と原因が同じ場所とは限りません。トラブルの原因が自分ではすぐに判断できない場合もあります。自分でトラブルの場所が特定できれば、対処できる可能性が高まります。



■部品の取り外しができる場合

水道の部品の中には素人では部品の取り外しができない部分もあります。特別な道具が必要になることもありますし、家庭にある工具では対応できないものもありますから部品の取り外しができない場合には修理が難しいです。
また、部品が取り外しできるとしても元に戻せなくなると結局業者を呼ばなければならなくなります。そこで、取り外すことができるのはもちろんですが、元に戻せる場合のみ作業するようにしましょう。もしも不安な場合には取り外し前の状態を写真に残しておくと安心です。



■まとめ
水道のトラブルは自分で直せるかどうかの判断は軽い状態の場合、修理箇所が明確な場合、部品の取り外しができる場合になります。作業をしてみて難しいと判断したらすぐに作業を止めて業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ