水漏れ修理で自分でできること

水道 修理の場合、自分で対応できるものとそうでないものとがあります。簡単に自分で対応できるものにはどのようなものがあるのでしょう。

■接続部分の緩み

配管や蛇口は使っているうちに少しずつ緩んでくることがあります。そのため、締めるだけで直ることも意外と多いです。特に地震が起こった後は大きな振動で接続部分が緩んでしまうことがあり、水漏れを起こすことがあります。
もしも水漏れをしてしまったら、まず接続部分の緩みを確認しましょう。特に、長く使用していて水道修理などをしていない場合には、接続部分が緩んでいることがあります。



■水量の調整
単純なことですが水量が多すぎることで水漏れをするということもあります。配管や蛇口のゆるみと同じく止水栓も長く使っていると自然と緩んでしまうことがあり、いつの間にか水量が増えてしまうことがあるのです。
止水栓も地震の震動で開いてしまうことがあります。そこで、地震直後から水漏れが起こるようになったという場合にはここを調整するだけでも水道トラブルが解決することが意外と多いです。

■配管の詰まり

排水管が詰まっていることで水漏れを起こすこともあります。部品の緩みがない場合、排水管をはじめ配管を一通り掃除してみましょう。パイプが外せる場合には外して中を確認すると異物が詰まっているかどうかの確認もできます。





■まとめ
水道のトラブルが起きた場合、自分で修理できるものも意外とあります。すぐに業者を呼ぶのではなく、まずは簡単に自分で直せる場所をチェックしてみましょう。特に地震の後の水漏れはこれらのことで解決することも多いので、覚えておくと急なトラブル時にも役立ちます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ